最先端未来の医療技術、生体吸収性ステント

現在の病気のける死亡原因で、必ず上位にくるのが心臓疾患です。その際に行われる手術のひとつが、経皮的冠動脈形成術と呼ばれる手術です。これは動脈が詰まってしまった場合の対処的に、ステントと呼ばれるポリマーメッシュの管を挿入します。これによって動脈が狭くなることを防ぐわけですが、効果が非常に限定的であることや合併症というリスクが存在しています。生体吸収性ステントは、これらのリスクを回避することができる画期的なものとして期待されている医療技術です。生体吸収性ステントは、これまでのステントと同じ働きをしながら、体組織が同じ構造を作り上げる手助けを行います。その後、ステント自体は体内で分解されるため、合併症を発生することなく回復することができるようになります。生体性という体内で分解される素材という発想自体は以前からありました。しかし、新しい技術を応用して誕生した超分子吸収性ポリマーという新素材の登場と医療技術の進歩によって、生体性ステントが大きな進歩を遂げることとなりました。

二重まぶた整形で評判のクリニックとは?

歯は元気の源

医師 転職

東京エリアで家庭教師をお探しなら

安全運転講習で1つ上のドライバーに

最新投稿

お知らせ

一覧

医療事務の求人はたくさんあるが

ペットにかかる医療費は安くはない

南極では風邪のための医療は不要

医療機関が行う脱毛の主なメリット